fc2ブログ

☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
1/144 FG ザク_1200_900 DSC07597_3_900_602_1.jpg
 ↑ 最新作 MS-06F ザク 市街地戦 1/144FG    (現在はRX-8を所有)

    ラモー寺院の戦い (装甲騎兵ボトムズ) 2016年 <<製作記>>
    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 右手首の関節

右ひじをたたんで銃を構えるためには、右手首を急角度に曲げなければなりません。そこで、極小サイズの関節を設けます。

20220704125626925.jpg

手首を曲げないときは、カメの首のように袖に格納できるようにしておけば、腕が異様に長くならずに済みます。

☆ ハトの巣づくり退治

 猫よけネットを設置して、車庫として使い始めた納屋の軒下で、ハトが巣を作り始めてしまいました。巣を除去してもすぐに作り始めてしまうので、余程気に入ったようです。

20220617210952f8c.jpg

そこで、テグスやきゅうり用ネット、マイカー線を用いて侵入口を塞ぎました。

20220617210951163.jpg

飛んできてダイレクトには入れないのはもちろんですが、鉄骨などに一度降り立って、すき間から侵入される可能性を考えました。それでも、歩行できない限り、移動時は必ず羽を広げるので、ある程度の間隔でテグスが張って有れば有効だと思います。

カラスと違ってハトはおバカさんなので、羽を引っ掛けてしまうかもしれませんね。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 左握りこぶし

キットでは、右手は銃の握り手1個のみ、左手は、開き手と握り手の2つが入っています。いずれもそのままでは形状的に使えないので、パテ等で改造していきます。

202206172120420fb.jpg

左握り手の甲の部分は無くしてしまったようなので、エポキシパテを盛って削り込みました。左手首は固定・脱着式でいいともいますが、右手首は可動式にしないとポージングが単調になってしまうので、関節の機構を考えたいと思います。

☆ RX-8 リヤターンシグナルランプの交換

 出勤時に、右折しようとウィンカーレバーを倒したら、ハイフラッシャー現象が起きました。ハイフラとは、感覚的にはおよそ倍速でウィンカーがカチカチ鳴る現象で、球れを運転者に知らせるための機能です。

20220617204723bdb.jpg

 バルブ交換なんて簡単だろうと高を括っていたのですが、内装材を剥がして抜こうとしたら、配線が短すぎて抜けません。ネットで調べてみたら、RX-8の後部のターンシグナルランプの交換は、ライトユニット全体を一度外さないとできないとのこと。

20220617204726c39.jpg

 ユニットはナットを3つ外せば簡単に抜けるのですが、内装が結構硬いのでを剥がすのに少々苦労しました。

20220617204724b1d.jpg

防水ゴムを破らないように、配線を少し引き出すようにし、接合部をひねって重に外します。外れれば、球の取り付けは差し込むだけなので簡単です。実は、全部戻してから気がついたのですが、差し込みが甘くて直っていませんでした。再度ばらしてやり直し束無事復活しました。

実はイエローハットで電球を買うときに、工賃を聞いたら3,000円と言われたので、時間さえあれば自分でできる自信はあったので依頼せずに自分で直しました。

☆ 梅ジュースづくり2022

6年目となる今年は、例年より一週間ほど早く収穫しました。果皮が汚れてきているので早めの収穫で良かったと思います。

20220612205625779.jpg

今年もあまり取れないかと思いましたが、去年よりは多かったようです。

20220612205629279.jpg

へそ取りして果皮をスポンジで洗い、何回もゆすいでから、最後に熱湯にくぐしました。瓶の内部も、熱湯で殺菌しました。氷砂糖の代わりに、普通の砂糖を使ってみます。

☆ コスモスが咲きました。

春に種をまいたコスモスが、まだ30センチくらいしか草丈がないのに一輪咲きました。

202206122056278d9.jpg

これから大きくなって晩秋まで楽しめると思います。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 銃の両手持ち

銃を握る左右の手首が、おおよそ形になってきたので、両手持ちをさせてみます。

20220612205626f15.jpg

ここから丁寧に削り込んで整えていきます。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 銃握り手グリップ調整

現物合わせで握りしめ具合を調整していきます。

2022060713001045f.jpg

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 銃握り手の握り角度調整

キットのままでは握りしめ具合の甘い指の角度を、より深めに角度を変えていきます。

20220607130007e82.jpg

☆ すいかの人工授粉 2022

今年のすいか苗は、アブラムシの発生とその防除のためのサンクリスタル乳剤の薬害で、かなりダメージを負ってしまいましたが、ガラス温室に植えた方は順調に弦が伸びています。

2022060821110222a.jpg

去年の6月16日よりも10日以上早めですが、着果節位が15くらいの所で最初の人工授粉をしてみました。順調にいけば、梅雨明け頃に食べられると思います。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 太もも下端の整形処理

二重関節である膝部分の上側の回転軸を埋め込んだので、太もも左右下端をパテ埋めして整形していきます。

20220603161718859.jpg

関節は先に黒鉄色を塗ってあるので、傷つけないようにマスキングテープで養生してからヤスリ掛けします。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 裾のジェットノズル隔壁

裾の前後左右4ヶ所にある水流ジェットノズルと思われる部分を開口したので、四角く囲まれるよう隔壁を設けます。

20220603161719db3.jpg

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 膝関節パーツの蛇腹モールド

放射状にケガキ線を入れていきます。ひざを大きく曲げたときにすごく目立つ部分になります。

20220529221934fa1.jpg

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 蛇腹モールドのためのプラシート貼り

等間隔でプラシートを貼っていきます。

202205292219338b8.jpg

精度が要求されますね。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 左右太もも、ほぼ同じ形に

ヤスリ掛けしていってほぼ同一の形に追い込めました。

20220529222822418.jpg

表面仕上げを丁寧にしていきます。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 太ももパーツ左右形状揃え

ようやく仕上げと思っていたのに、見比べてみると左右で形が微妙に異なっています。プラシートを貼って、微調整です。

20220528123819510.jpg

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 太ももパーツ表面処理

左右で形がかなり違ってしまった太もも。溶きパテを塗って、まずは全体のフォルムをそろえていきます。

202205242217125ec.jpg

失われてしまったディティールも、できるだけ再現していきたいと思います。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 膝関節仮組と全身プロポーションチェック

膝関節のパーツ群が一通りそろったので、仮組してみました。腰部、胴部、頭部、上腕を取り付けてプロポーションチェック。

20220523191138f98.jpg

肩関節を背中側にスイングさせることで「気を付け!」のポーズを取らせることができるため、肩幅はコンパクトになり、胸を張ることもできます。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 膝関節下側のパーツ

膝関節は、1/35のベルゼルガの時とほぼ同じ機構になりました。17年前とやってることがほとんど変わらないというのもなんですが、これしか方法はないと思います。

20220522181725590.jpg

ぴったり収まるよう、クリアランスギリギリで追い込んでいきます。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 膝装甲裏塞ぎ

膝関節の脚部軸受けを設置する面積が少ないので、開口した膝装甲の裏側を塞ぎます。

2022052218172838e.jpg

この加工が後で重要になってきます。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 降着機構の軸の位置確認

降着機構の軸とひざ関節を兼ねる連結部分をプラ板箱組で作っていきます。

20220517220330b0b.jpg

クリアランスギリギリでヤスリ掛けしていき、とりあえず位置決め確認のために仮組してみました。


20220517220352fd6.jpg

サイズぴったりです。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 足首1.5重関節

脚部側の関節は、残念ながら2軸ユニバーサルジョイントを組み込むだけのスペースがないので、前後方向に傾けるだけの1軸関節としました。ジョイントとなる針金はポリキャップに貫通するので、軸の伸縮が可能です。

202205161653017ee.jpg

とりあえず仮組してました。戦闘シーンでの多くのポージングには対応できそうです。

2022051616525809e.jpg

☆ Fosi Audio ZK-TB21

 超小型で人気の中華デジタルアンプ Nobsound NS-10Gがついに壊れてしまいました。

 できるだけ安価、けれど今度こそノイズの出ない便利な中華アンプを探していたら、なんと、サブウーハー用アンプも搭載した2.1chアンプがありました。

20220516165952756.jpg

 しっかりした筐体と電源ケーブルがセットになっているタイプもありますが、ほとんど基盤むき出しの本体だけの製品もあり、安く手に入ります。

20220516170244ca8.jpg

少々残念なのが、後ろ側のスピーカー端子の左右位置が逆になっているところ。スピーカーケーブルをショートしないように交差させて、タイバンドでX字型に固めます。

20220516165303bf9.jpg

 サブウーハー出力でD-1000を駆動させ、左右スピーカーにはJBL CONTROL 1Xを用いて2.1チャンネル再生を試してみました。

 いろんな曲を聴き比べしてみましたが、やはり、サブウーハーは隠し味程度に聞かせる。小型スピーカーとのクロスオーバー周波数は高めになるので、ウーハーは真ん中に置くのが理想というのがよくわかりました。

 このアンプ、とにかく癖が無いというか、特に低音に特徴があります。低音が出ないというレビューを見かけますが、出ないというよりはキレがいいといか、良くも悪くも「むっちり」した感じがしません。味付けは一切なしという感じで、これはこれで良いのではないかと思います。

☆ しだれモモカミキリムシ対策、かぼちゃ定植など

長女が小学生のころ買った苗木の「しだれ桃」が、カミキリムシの幼虫で枯れてしまいました。地際から新芽が出てきたので、枯れた部分を伐採し、殺虫剤の粒剤を施用。復活してくれるでしょうか。

20220516174625970.jpg

その他、スイートコーンやかぼちゃの苗を植えたり、繁茂した庭木の枝を剪定したり、除草剤を散布したり、朝から2時半まで外作業しました。

20220516174626631.jpg

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 降着機構を収納する部分

足首関節のスペースを確保しつつ、降着機構を広げた際、脚部側がスカスカにならないよう、収納部分の壁を作ります。

2022051616525963d.jpg

このすき間部分に降着機構と、ひざ二重関節の下側を収容します。

☆ HPノート 15-db0000シリーズ SSD換装

職場にあるHPのノートパソコンですが、令和2年度末に導入されたばかりなのに、ハードディスクモデルのため起動は遅いし、綺堂から分くらいはディスク使用率が100%に張り付いて使いものになりません。

20220516173101d82.jpg

以前、本体をばらそうと思いましたが、分解方法が分からず放置していました。ネット上を検索していたらちょうど同じシリーズの機種のバラ仕方が丁寧に書かれていたので、実行してみたら割と簡単にばらすことができました。

20220516174235783.jpg


今回もMiniTool ShadowMakerを使用して一発簡単にクローンコピーすることができました。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 降着機構の回転軸の仮組み可動チェック

マーシィドッグのすそには、前後左右4方向全てに、水流ジェットノズルのような構造があります。前面下端のノズルは、降着機構の折れ曲がり部分と分離して脚部本体に残します。

202205121059069d3.jpg

クリアランスぎりぎりまで追い込んでいきます。

☆ 1/35 ATM-09-WR マーシィドッグ 降着機構の回転軸

 真鍮線で降着機構の回転軸を、脚部すそ前面下端に埋め込みます。

20220508213533911.jpg


 アルミ板で包んで、固定用の板とします。

20220508213534061.jpg

☆ 4K有機ELテレビ SHARP 4T-C48CQ1

13年ぶりに買い替えとなった薄型テレビ。FUNAIの特売を狙っていたのですが、二日間限定特価とのことで値引きがきかないとのこと。

20220512105905a28.jpg

思い切って、4K有機ELにしてみました。黒の沈み込みは別格です。漆黒の闇に浮かび上がるまばゆい光点は実に鮮やかですね。

カレンダー


06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1454)
  • オーディオ・ビジュアル(336)
  • 映画・音楽評(423)
  • 書籍紹介(225)
  • 写真(181)
  • 日曜大工(154)
  • 農と自然(359)
  • 車・バイク(184)
  • プログラミング(17)
  • その他(436)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5