FC2ブログ

☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
    DSC08539_1_1200_900.jpg   DSC07597_3_900_602_1.jpg
  ↑ 最新作ラモー寺院の戦い        (現在はRX-8を所有)

    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ IpadのKINEMASTERで書き出したmp4ファイルの謎

WINDOWSでフォーマットしたUSBメモリーをipadにケーブルでつなぎ、KINEMASTERで編集したmp4ファイルを保存したら、ipadでは再生できるのに、なぜか、WINDOWSパソコンやスマートフォンでは再生ができません。

202103012240207c2.jpg

ファイルはmp4なので、汎用性は高いはず。拡張子を変えたり再生ソフトを変えてもどうにもなりません。

fat32.jpg

ファイルが壊れているわけではないので、もしやメディアの問題かと思い、USBメモリをipadでフォーマットたら、USBメモリ経由でMP4ファイル動画を取り込めて、再生できました。

WINDOWSでフォーマットすると、デフォルトではFAT32ですから、特に問題はないと思うのですが、原因はさっぱりわかりません。とにかく、Mac系は仕事では使いものにならないです。なんでipadなんて使いにくいものを中途半端に導入して貸与するんだかねぇ。

☆ 1/144 FG ザクⅡ手首関節 手首関節の取り付け軸

瞬間接着剤を吸収させて固定させるため、手首関節に綿棒の紙軸を突っ込んで、下腕側への回転軸を設けました。

202102272058080b2.jpg

バズーカをぴたりと構えるためには、最終的には固定するにしても、手首の自由度が高くないといけません。

☆ 1/144 FG ザクⅡ手首関節 右手首

ロボット物のポージングで最も不自然になりがちなのが、銃を構える右手首です。特にバズーカでは、ほとんど直角近くに曲げる必要があり、固定ポーズモデルであっても、自然に見える間接機構は無いといっても過言ではないでしょう。

20210227162942191.jpg

違和感をできるだけ出さないようにするのが精いっぱいです。

☆ 1/144 FG ザクⅡ手首関節 形の追い込み

角ばったデザインにある程度合わせて成形しました。

20210225225403924.jpg

最初は右手用にと思いましたが、右手はもっと角度をつけないとだめでしょうから左手用にします。

☆ 1/144 FG ザクⅡ 腕パーツ順次接着

筆塗り状態ですが、腕のパーツを組み上げてからでも仕上げ塗装はできるので、パーツ接着を進めていきます。

20210224232914806.jpg

接着面からまんべんなく接着剤をはみ出させます。

☆ Youtube用動画編集 色調補正編

二台のカメラを駆使し、一台は固定の全景とし、もう一台はハンディカムとして人物や手元を撮影しました。

色調補正方法

ホワイトバランス設定は、いの一番に行うべきではあるのですが、色温度の異なる光源が複数あったりすると、なかなか面倒です。カメラの癖もあるでしょうし。オートホワイトバランスで撮影したのですが、2台のカメラでホワイトバランスが結構違っていたようで、片方をもう一方にできるだけ近づけてみます。

Vegas Movie Studio HD Platinum には、トラック別に補正がかけられるようなので、仕上がりを見ながら微調整してみました。

☆ 1/144 FG ザクⅡ手首関節 大まかに形取り

バズーカ持ち手の右手首は、限界まで曲げる必要が出てくるので、固定ポーズとは言え、自然な感じになるように関節部を設けます。

20210223213546875.jpg

まずはプラ板積層で、大まかに形を作っていきます。

☆ 1/144 FG ザクⅡ肘・膝関節の筆塗り

サフェーサー塗装を兼ねての下地塗りなので、筆でちょこちょこ塗っておきます。

20210223225339ce3.jpg

傷隠しが出来たら、仕上げにはエアブラシしておきましょう。

☆ Youtube用動画編集 オブジェクトスタックとクロスフェード

2台のカメラとスチル映像、スチル映像無音区間用のダミー音源等、映像と音声のトラックが多段で必要になってきます。

オブジェクトスタック

セリフのつかえや間を詰めると、映像の方は動きが途切れてカクつくので、クロスフェードでごまかしたりするのですが、このクロスさせる適正なコマ数(時間数)って、なかなか難しいです。

全く違う映像に移行する場合は、クロスさせないか、認知できないくらいのクロスの方が良いようです。一方、似たような映像の場合は、クロスフェードの仕上がりを見ながら、カクつき加減を調整してみる必要があり、ほんとに動画編集は手間がかかります。

☆ 1/144 FG ザクⅡ 膝関節のくぼみ内側

ブラックアウトしてしまうので、それほど表面処理には気を使う必要はないのですが、そうは言っても、視角的にばっちり見えるところなので、それなりに仕上げていかなければなりません。

2021022321354779b.jpg

固定ポーズだからここまで大胆にひざ折れ表現しやすいって言うのはあるのですが、まぁ、それにしても大胆なポーズですよね。

☆ 1/144 FG ザクⅡ肘関節整形塗装

左右ひじ関節をヤスリ掛けしてから筆塗りで塗装します。乾燥後に研ぎだししてから、仕上げのみエアブラシします。

20210218224458129.jpg

☆ いちごプロモーション撮影

 YouTube動画撮影に先んじて、主役をまずはスチル撮影。

 チェック柄のクロスに、インドネシア自生シダ科植物 アタ(アトゥ)の高級編み込みかごを置いて、栃木県新品種の「とちあいか」を並べます。窓からの採光をメインに、影つぶしのLEDライティングを白壁バウンスで半逆光の状態を作り出します。これでかなりソフトな光が作れますし、果皮の照り艶がほどよく発生します。

 背景でもあるチェック生地のさらに向こう側に、水色のシートを敷いて、自然な奥行き感を演出します。背景ボケを決める適正な絞り値を決めるのが最も難しい。

20210217221008f47.jpg

果形がよくわかる斜めの角度で商品サンプル風に撮影。たたし、ぱっと見の受けがいいように、鮮やかで柔らかな色味仕上げにしています。実際には、いちごってもう少し赤黒いです。

202102172210109ba.jpg

☆ 1/144 FG ザクⅡ 右ひざ接合部の強化

固定ポーズとは言え、一番力の加わりそうな膝の接合部分の接着のりしろをきちんと確保し、接合面の密着性を高めておきます。

20210216230931e3e.jpg

☆ 1/144 FG ザクⅡ 欠け処理

サフェーサー塗装後に慎重にヤスリ掛けしたつもりでも、接着断面の段差や欠けが残る場合があります。

DSC_2239_1.jpg

ごく小さいものについては、接着剤で穴を充てんし、完全硬化後に、丁寧に仕上げていきます。この際、固体の硬度が異なると紙やすりの力のかかり具合で、また同じところが凹んでしまいます。注意しながら研ぎだします。 

☆ 1/144 FG ザクⅡ 足裏などの塗装

同じ黒鉄色ベースの部品を、ある程度まとめて塗装しました。

20210214195426317.jpg

塗装すると、表面の荒れが良くわかるので、ヤスリ掛けし直して再塗装ですね。

☆ 1/144 FG ザクⅡ 足裏モールド

300円のファーストグレードですので、キットのままでは、足裏つるつる平らな状態です。バズーカを構えたポーズでは、右足裏側はかなり見えることになりますので、それらしいモールドを付け加えておきます。

2021021409481371d.jpg

 プラシートで幾何学模様を切り出し、貼り付けます。 これらは、グリップを増すと共に足裏センサーを兼ねていると考えれば、何分割化されていることの根拠にもなるのではないでしょうか。

接着剤のはみだしやスジボリの荒れなどを、整え、塗装しながら仕上げていきますが、同色部品をある程度まとめて塗装できるように、組み立てを並行して進める必要があります。

☆ 1/144 FG ザクⅡ バズーカ再塗装

表面のヒケがどうしても直っていない部分があったので、2000番の耐水ペーパーでヤスリ掛けして再塗装しました。

DSC09760_2.jpg

前回白を混ぜたら、部分的に金属光沢が失われたので、今回は青と黒のシャドー吹きのみにとどめてみました。スケールを考えると、塗料の金属粒子感が出てしまうのっておかしなことにはなるのですが、肉眼で見る分には違和感はないわけです。一方、写真でとった時には、光の具合によっては落ち着いた感じになることが多いようなので、金属質感は派手めでもいいのかもしれません。

☆ 1/144 FG ザクⅡ バズーカ塗装墨入れ前

写真にすると濃淡がきつく見えるし、青みも弱く感じられます。また、メタリック感も含めて、肉眼の方がよく見えるようです。

20210211173521bbc.jpg

開口部はフラットブラックでブラックアウトし、墨入れすれば完成です。艶は抑えずにメタリック感があった方が良さそうです。

☆ 1/144 FG ザクⅡ バズーカ塗装墨入れ前

サフェーサーを吹いた後に丁寧にヤスリ掛けしても、どうしても表面処理が完成しないんですよね。塗料の方が食いつきがよく粒子が細かいので、一度色を塗ってから、塗装面ごと表面処理し直します。

20210211173331da9.jpg

下地が露わになって、何やらダメージ部品のようにも見えます。慎重に水研ぎして表面の平滑度を確保します。

202102111733321e8.jpg

☆ ガスマスクの補修。

ガスマスクのゴムバンド取り付け基部をうっかり破損してしまいました。買い替えしようかと思ったのですが、ホームセンターで3000円以上します。

20210207193940986.jpg

破損した部分(右頬側)にタイバンドを通して、ゴムベルトを通せば元通りです。強度も心配ありません。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカスコープの柄の可動化

1/144ザクバズーカの柄も可動化させたのですから、1/24のスコープドッグはなおのこと、可動化させなくてどうするってところです。

202102071939392eb.jpg

プラバン積層で、軸受けと軸を作りました。

☆ 1/144 FG ザクⅡ バズーカサフ吹き

久しぶりのサフ吹きです。仕上げたつもりでも、これで微細な粗が如実に現れます。

202102071939378df.jpg

十分乾燥した後、細かい耐水ペーパーでヤスリ掛けして仕上げます。もう一度下地塗装するようかも。

☆ 1/144 FG ザクⅡ スコープ仮組み

ザクバズーカの照準器(スコープ)を、きちんとザク頭部のモノアイ軸線上に合わせられるよう、程よい柄の長さを確保し、かつ上下動を可能としました。

2021020616382258c.jpg

後ろから見たこちらの写真の方が、位置関係が分かりやすいです。

20210206163821ea9.jpg

それにしても、イメージを形にしていくことのできるスクラッチビルドは楽しいですね。

☆ 1/144 FG ザクⅡ スコープの柄

プラバンから削り出しでスコープの柄を作ります。 削り出しなので、細いパーツも強度が確保できます。

202102052319240c0.jpg

☆ 1/144 FG ザクⅡ スコープ基部

スコープを上下に可動できるように、基部を作ります。


20210204203452dc6.jpg

軸受けのくぼみを設けておいて、芯を通してから、あとでふさぎます。

☆ 1/144 FG ザクⅡ スナイパースコープ風



バズーカの照準器なんて単なる筒でいいんじゃね?とは思いますが、スナイパーライフルのスコープのように真ん中をくぼませてみました。

202102032250493cd.jpg

それらしく見えるということで勘弁していただきましょう。それにしても歪が取れない。

☆ 1/144 FG ザクⅡ バズーカのスコープ

初代ガンプラ武器セットですから、バズーカのスコープなんて実にシンプルなつくりです。単なるパイプに太くて短い板状の柄がついているだけ。

20210131171859423.jpg

スコープはアイキャッチ的な要素があるので、こういう細かい部品がしっかりできていると精密感が格段にアップするはず。キットを生かしつつ、いかにそれらしくディテールアップするか、よく考えてみたいと思います。

☆ 浄水器の蛇口取り付け部を手持ちパーツで改造

次女の所の水道の水がおいしくないとのことで、仕送り段ボールの中に入れて浄水器を送ることにしました。しかし、蛇口の先が1センチくらいの長さで太くなっているため、標準的なアタッチメントではつかないと思われます。

20210131175728c0a.jpg

メーカーに請求すれば、Dタイプという汎用性の高いアタッチメントを無料で送ってくれるそうですが、手持ちの水道部品を探したら、このDタイプと全く同じ形状に加工できそうなのでやってみました。

20210131172105545.jpg

おそらく水道用品は、ある程度規格が決まっているのでしょう、サイズがぴったりだったので、合体させるだけでDタイプに加工することができました。ねじ回しはあるので、自分でもつけられると思います。

☆ 代車はCX-30、しかもスカイアクティブX!

一昨年、ハブベアリングを交換したRX-8ですが、またしても、走行中周期性のある異音がするようになりました。たしか、右前輪だけ交換したので、今度は左前輪ではないかと思うのですが、本社からテスターを借りてきたそうで、とりあえず一週間かかるようです。

20210131_105816364.jpg

その間、通勤でじっくりCX-30を味わってみたいと思います。

カレンダー


02月 | 2021年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1351)
  • オーディオ・ビジュアル(322)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(225)
  • 写真(181)
  • 日曜大工(139)
  • 農と自然(318)
  • 車・バイク(165)
  • プログラミング(14)
  • その他(445)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5