FC2ブログ

☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
    DSC08539_1_1200_900.jpg   DSC07597_3_900_602_1.jpg
  ↑ 最新作ラモー寺院の戦い        (現在はRX-8を所有)

    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ 断線修理

下の子の高校入学と同時に買ってあげたビクターのカナル型イヤフォンHA-FXH30 が、断線してしまいました。

20190317_1.jpg

断線個所は、L字型ステレオミニプラグのL字の角の部分。ラバーをはがしてみたらひびが入っていました。

20190317_2.jpg

はんだ付けからやり直します。LRと共通グラウンドの3本線ですね。配線個所を良く確かめておきます。

20190317_3.jpg

はんだ付けしたら、ショートしないように紙テープなどを巻きつつ、木綿糸でぐるぐるに縛り上げて、パテ埋めししてから、成形します。

20190317_4.jpg

太さの異なる熱収縮チューブで二重にカバーしたら出来上がりです。

☆ 芝焼き2019

 朝のうち穏やかだと思っていたら結構な風が吹いてきました。せっかく思い立ったので、消化の準備を整えてから芝生焼きをしました。

201902191234114e9.jpg

 1月から、何かとせわしい日々が続いていますが、春近しですね。

☆ CPUグリス塗り替え

 メモリーを交換してもパソコンのフリーズがなかなか解消しないので、硬化しているであろうCPUグリスを塗りなおすことにしました。

20190219124341586.jpg

デスクトップ機は、メンテナンスが楽でいいです。カピカピに硬化しているグリスを、ヘラでこそぎ落とし、アルコールウェットティッシュで丁寧に拭き取ります。

20190219124339414.jpg

 ヤフオクで購入した、小さな注射器に入った最少量クラスのシルバーグリスを塗ります。3回くらいは使えそうです。



☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節の軸端封入

二軸ユニバーサルの軸端をプラ板で封入します。塞ぐためのプラ板は、ポンチで丸く切り抜いてあります。

2019012523562923d.jpg

接着剤を塗ってよく抑え込み圧着します。

☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節2軸仕込み

クリアランスぎりぎりで、何とか2軸目の芯を通すことができました。

2019012423040321b.jpg

幸い外装パーツの中に、ほとんど隠れるので、仕上げが多少粗くても問題ありません。

☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節受け部品

股関節は、やはり、二軸のユニバーサルジョイントにします。十分広いスペースがあるはずなのですが、太めの軸にしたため、クリアランスがぎりぎりになりそうです。

201901212307277f2.jpg

☆ NAKAMICHI PA-300Ⅱ 電源スイッチ増設

一個50円のプッシュボタン式スイッチを用いて、電源スイッチを作ります。テスターで接続端子を確認し、押して引っ込んだ時に電源ONにします。万が一にもショートしないように、収縮チューブもかぶせます。

20190120201253bc5.jpg

 ちょうどいい空間があるので、しっかりねじ止めして仕込みます。ねじの位置決めや、傷がつかないような対策を施せばよかったのですが、雑然と工作してしまいました。

20190120201252661.jpg

 まぁ、きちんと動作してくれればそれで良しとしましょう。

☆ FMV-D5270 メモリー交換

 4年半前に中古で購入したデスクトップパソコンFMV-D5270ですが、製造は2008年頃と10年前の製品になります。2015年の8月頃にWindows10に無償アップデートして以降、何かとトラブルがあり、作業中にフリーズしてしまいます。

 一日に2、3回は再起動して、使っていますが、何が原因なのかはよく分かりませんでした。SSDに換装すればよくなるのかと思い、秋葉原で聞いてみたら、メモリがは少なすぎるとのこと。製品仕様を調べてみたら、純正のメモリは PC2-6400 DDR2 SDRAM DIMM CL6 とのことです。ハードオフで、互換性のありそうなジャンクメモリを買ってきました。CFD販売のelixir 2GB DDR2 PC2 6400U 555 と書いてあり、外観もきれいなので、同じものを2枚購入しました。ヤフオク中古品よりは高いですが、1枚524円なので、まぁ仕方ないでしょう。

20190120083339874.jpg

 デスクトップパソコンのメモリを増設したり交換するのは、これで3回目になります。

20190120083341f9e.jpg

交換して無事起動、その後は、一度もフリーズすることなく使えています。こんなことならもっと早くやっておけばよかった。

☆ CDP-S1 トレイベルトの交換

SONY CDP-S1のトレイを駆動させるゴムベルトは、調べてみたら純正品の型番が「4-927-649-01」であることが分かりました。サイズは、1.5ミリ角の直径約37ミリとのこと。

201901172236406fd.jpg

千石電機で、1.6T-35ミリベルトを購入して交換してみたところ、無事、動作するようになりました。交換するまでには、いろんなところのねじを外すことになりますが、それほど難しくはありませんでした。

☆ UVシルバーシート重ね張り

 3年前の秋に作ったパイプ車庫ですが、メーカーの示す耐用年数の通り、約3年で所々破れが生じました。パイプが直に当たらないように、下にブルーシートを挟み込みましたが、どうしても擦れによるダメージが発生します。
 今回、重ね張りしたので、若干耐用年数が伸びるでしょう。

20190115131543d74.jpg

☆  SONY TAE-S1 CDP-S1 メンテナンス

11年前にヤフオクで入手した当初から、CDトレイ引込み後のピックアップがスムーズでなかったCDP-S1ですが、本体を上下に揺らすと読み込むので、ずっとそのように使ってきました。症状からして、ゴムベルトの劣化だと思います。初めて中をあけてみました。

20190113104545c44.jpg

本体カバーを開けた状態ではスムーズに読み込みます。ゴムもやや硬化してるものの、伸びてるようではありません。ただし、テンションは低下してる様子。内部のわずかな埃を清掃し、カバーを戻したら、やはり動きが良くないです。ゴムベルト要交換ですね。

お次は、プリアンプのTAE-S1。スピーカーを交換しても、やはり時々左側が出なくなり、ボリュームを上げると出るので、接触不良のようです。半田クラックでしょうか?

20190113085341d07.jpg

分解してみたら、いろんな入力箇所に半田クラックが見られます。写真は8年前に補修した右側の部分が目立ちますが、左側も念のため再度んだ半田付けしておきます。

元に戻しましたが、やはり音が切れるときがあるので、プリアウトのRCAピンジャックをいじる直ります。やはり、どこか接触不良のようです。

☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節

大きいスケールだと、間接を仕込むのも楽ですね。デザインの都合で、いつもの2軸ユニバーサルではなく、1軸間接で済むのも簡単で良いです。その代わり、後で上腿に回転軸を設けます。

20190113084555e3e.jpg

☆ Victor RX-NXMD3 XU-NXMD3 SP-NXMD3 入手

ハードオフのジャンクコーナーで、今月初めに入荷したVictorのミニコンポを発見。古いため埃は被ってますが、傷がほとんどない良品。CD、MDは動作せずとのことですが、博文さん1枚+税と、例えスピーカーだけでもお得な値段。ネット上の評価も良いようで、すぐに売れちゃいそうなので、すかさずゲット(1/6)。

20190107125245d91.jpg

素性はなかなか良さそうです。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー エイジの塗装

1/100のフィギュアをフルスクラッチして、それらしく塗装するなんて、正気の沙汰ではないのかも (@_@)

DSC09392_11.jpg

後ろの100円玉と比較してみるといかに小さいかがわかると思います。

デニム上着の立てた大きな襟も、胸元のフックも、膝あても再現してみましたが、もう何が何だかわかりません。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー コクピット内塗装

1/100コクピット内を塗装し始めました。エイジは、後編のデニム姿です。

20190105194036144.jpg

ちっちゃいので、筆の粗さや、デザインナイフの削り面だけでも目立ちます。

☆ ベッドの食事テーブル作成

片手で持てる軽さと、必要十分な強度を確保したテーブルを作成しました。

2019010519403322c.jpg

突っ張り棚に、小学生の校外スケッチ板をカットしてタイバンドで固定したものです。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー キャノピーと枠の接着

PETは、透明パーツ造りには適していますが、切削や接着が難しい素材です。

20190103000452358.jpg

ごく微量の瞬間接着剤を、流し込むようにしてプラ板削り出しのフレームに接着し、キャノピー底面を整えました。、レイズナーのキャノピーは、目の下側まで覆わなくてわならないので、1/100スケールで再現するには、クリアランスと位置決めが、めちゃくちゃ難しいです。

☆ 2018年を振り返って

<家庭>
  長女は大学生になり家を離れ、次女は小中高と3回めの部活の長になり、それぞれ青春を謳歌しています。一方、父は病床につき、私も秋から体調を崩すなど、激動の一年でした。

20180313055517750.jpg

<AV等>
 昨冬からこの一年間は、オーディオ三昧の年となりました。春には、手作りスピーカーが完成。

20180509125443ec2.jpg

 ONKYO FR-X9の本体、ナカミチSR-40など、中古品や手持ちの機材を修理したりして、楽しめました。

<模型>
 残念ながら、2年連続で完成品無し。作りかけがたまってきているので、来年は完成品を複数出せそうです。
20181118175548ad2.jpg

<仕事>
 顕微鏡の導入に合わせて、テザー撮影装置をくみ上げたり、データベースはサーバーの移行とSSL化に対応させたり、実験室や事務室の模様替えを完成させたり、職場環境の改善を図ることができました。

20181224131147fd2.jpg

 健康面の不安は出てきましたが、今年も家族や周りの人々のおかげで有意義に過ごすことができました。また来年もよろしくお願いいたします。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー キャノピーの枠削りだし。

PET樹脂は、加工がしにくく、ヤスリがけでは綺麗に成形できない上、下手をする問われてしまいます。

2018123112481456a.jpg

これまでの経験から、縁の処理は、枠を作って接着してから切削するのがよいと考えられます。
今回は内枠を作っていきます。

パイロット頭部のクリアランスは、余裕があります。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー キャノピーのバキュームフォーミング

ザカール以来、4年ぶりのバキュームフォーミングです。

20181231124811961.jpg

PET(ポリエチレンテレフタレート)は、白濁する寸前が一番柔らかくなります。木枠から伝わる熱で周辺が白濁し、中心部に向かってくる直前でプレスしながら絞り込み、掃除機で吸引成型します。

☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 脚部のスリム化状態確認

冬休みに入って、急に1/100ウグをいじりたくなりました。

20181231124812725.jpg

何年も前に、脚部の幅つめをしていたのを取り出し、プロポーションチェックしました。

☆ SONY SA-S1の高音アッテネーター調整

今年の5月に抵抗値を変更してみたSONYのSA-S1ですが、左側が時々音が出なくなります。推測ですが、エレクトロスタティックツイーターに信号が流れすぎると保護回路が働くらしく、下げすぎたアッテネーターの抵抗を、もう少し高くする必要があります。

20181223120958014.jpg

そこで、並行接続になっているもともとの抵抗だけ、カットしてみることにしました。どうやら、これで安定して音が出るようになったようなのですが、どうしても左側の高音が出にくいように感じます。11,000㎐でテストしてみると、ツイーター前面から15センチ位置で、右側71デシベルに対し、左側は5~10デシベルほど低い値になります。

もう一組あるので、そちらも図ってみたら左右差はほとんどありません。測定値では、若干、右側のほうが高いようなので、これと入れ替えてみます。入れ替えた方もアッテネーターはセメント抵抗を並列につないでいじってありますが、特に問題はないようなので、もともとあった抵抗はカットしてませんでした。しばらく様子を見てみます(作業は12月23日)。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー 足の甲カバー隙間塞ぎ

つま先をぴんと伸ばしたポーズで、甲のカバーがきちんと追従してないと、流れが悪くなります。しかし、角度をつけすぎると、すねと甲カバーに隙間ができるので、すごく違和感が生じます。

20181223121000154.jpg

そこで、内側に隙間をふさぐカバーがせり出すと解釈し、隙間を埋める板を取り付けました。

☆ 初代プレステ3の光学ドライブ取り換え

中古購入から11年と半年にて、DVDディスクを読み込まなくなりました。ブルーレイは何の問題もないのですが。

201812231209577bb.jpg

調べてみたら、光学ドライブだけ売っており、そっくり交換すればほとんどの場合は治るようです。リビルト品なら安く、クリックポスト配送が可能なので、送料含めても2,000円しません。

交換の仕方は、ユーチューバーのコジコジさんの動画が分かりやすいです。動画にも出てきてない難点としては、本体カバーの前面をかみ合わせるのに苦労するところくらいでしょうか。あとは、精密ドライバーを使う部分が多く、しっかりかみ合わせないとトルクがかけられず、下手をするとねじ山をなめてしまうので注意が必要でしょう。

交換したら、無事、BD、DVD、CDの3メディアとも再生できました。初期型はSACDの再生にも対応していますが、ディスクを持ってないので確認してません。まあ、もちろん大丈夫でしょう。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナ 膝装甲の裏側塞ぎ

膝装甲の裏側が開いていると、空洞感が出てしまうので、それらしく塞ぎます。

201812231217497ca.jpg

膝関節を複雑なディテールにしたので、膝装甲裏側までゴチャゴチャするとうるさくなるので、ディティールは設けません。

☆ F30後輪 ホイールスペーサー装着

春の車検でブレーキローターを交換したところ、キャリパーが15インチの純正ホイールに干渉するようになってしまいました。組み付けて検証したところ、走行するとゴリゴリ当たっています。

20181217122557f33.jpg

削れば当たらなくるかと思ったのですが、そんな簡単ではありませんし、強度が落ちる不安もあります。

2018121712255165c.jpg

そこで、ホイールスペーサーを装着してみました。一番薄い3mmは人気があるらしく、3店舗目でようやく入手。

20181217122556c7b.jpg

3mmなら取り付け強度にも不安はありません。無事干渉しなくなりました。

☆ 顕微鏡カメラのテザー撮影

顕微鏡撮影装置については、純正品は高いばかりで、まったく時代れの製品です。市販品のデジタルカメラの方がはるかに性能が良く、顕微鏡撮影用に、電源等を改造した社外品が出ています。

20181224131147fd2.jpg

備品導入時にカメラもセットしましたが、テザー撮影のためのパソコンは、別途用意しました。ドスパラのDiginnos Stick DG-STK4Dです。

20181224131146734.jpg

Wi-Fi用のアンテナは、付け根から外して延長することができます。部屋の外の廊下側にアンテナを立てたところ、室内では安定しなかったのですが、下りで60~70Mbpsほど出るようになりました。

☆ 1/100 SPT-LZ-00X レイズナー 右手親指の作製

握りこぶしの親指を三角柱プラ棒で作製しました。

2018120918113311a.jpg

☆ 晩秋

快晴の下、逆光に透ける紅葉がきれいだったので、久しぶりにカメラを持ち出して撮影しました。

20181125082825e4a.jpg

場所は歩いてすぐの、植木用の圃場です。コントラストを強めにして、背景の杉山を黒く落としてみました。

カレンダー


02月 | 2019年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1202)
  • オーディオ・ビジュアル(295)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(173)
  • 日曜大工(126)
  • 農と自然(308)
  • 車・バイク(155)
  • プログラミング(14)
  • その他(419)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5