FC2ブログ

☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
    DSC08539_1_1200_900.jpg   DSC07597_3_900_602_1.jpg
  ↑ 最新作ラモー寺院の戦い        (現在はRX-8を所有)

    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ 1/24 スコープドッグ バズーカの構えポーズチェック

時々仕上がりイメージを確認していくのは、全身のバランスや関節可動域の確認には不可欠です。加えて、モチベーションの維持にも重要。

2019060213312668f.jpg

右ひざをついていますが、ニーパッド未装着のため、正確なポーズではありません。まあ、ATでここまで腰を落としたポージングにトライしている作例は少ないでしょうね。

☆ 1/24 スコープドッグ 肩基部鎖骨関節作りこみ

鎖骨の動きを再現するために、ポリランナーのT字部分とプラ板で、関節を作ります。

20190601201212528.jpg

写真では胸部から背中方向にかけての動きとなっていますが、円形台座を回転させることで、どの方向にも向けることが可能となります。

☆ アンプ&スピーカーセレクター 完成

蓋を閉じる前に、誤配線や接触不良がないかチェックします。

20190601202432795.jpg

アンプ3台にスピーカー3組をつないで、9通りの組み合わせを順次切り替えてチェックです。

20190601202435aa2.jpg

驚きだったのは、別格だと思っていた Nakamichi PA-300Ⅱの音が、ONKYO FR-X9と聞き比べてほとんど差がないこと。プレーヤーは同じ SONY CD WALKMAN D-E777なので、D-E777からの出力が、LINE OUTとPHONE OUTという違いはあるものの、条件は同じです。

201906012024341e3.jpg

ダイソーで購入した、カーボン調シートを貼って完成です。アンプ1 Nakamichi SR-40とアンプ2 Pioneer SC-LX58の間に設置しました。

20190601202430e42.jpgスピーカー1をONKYO D-1000とし、スピーカー2は JBL CONTROL 1Xにしました。 フロントには、アンプ3とスピーカー3をつなげるので、いろいろ試聴できます。

☆ アンプ&スピーカーセレクター 配線交換

できるだけ太い線と思って、赤黒のスピーカーコードを用いたら、曲げにくくて収まりませんでした。
使用したロータリースイッチは、アルプス電気の4回路3接点 ノンショートのSRRN134300です。ラインセレクターならば、切り替え時のノイズの出ないショーティングタイプなんでしょうけど、アンプセレクターですのでノンショートタイプを用います。

20190601202437870.jpg

ロータリースイッチと内部配線は、はんだ付けしますが、プッシュターミナルとの結線には熱収縮チューブの圧着で対応しました。はんだ付けしなくても十分な通電が可能と判断したためです。

20190601202431c65.jpg

無事、箱に収まるでしょうか?

☆ RX-8 交換部品

リビルトエンジン換装のついでに、いろいろとパーツを交換しました。 まずは、RX-8のレネシスロータリーエンジン専用プラグですが、真っ黒にカーボンがこびりついていました。イリジウムプラグなので、ロータリーエンジンといえども5万キロ程度は持つはずですが、ここまでひどくなっていたとは驚きです。一度カブらせてしまうと、カーボンは付きやすくなるとか。次回から4万キロを超えたらすぐに交換しようと思います。

20190602144652fb1.jpg

定番のイグニションコイルです。よくまぁ、16万キロまで持ったものです。というか、プラスチックが白濁しているので、やはり10万キロで交換しておかないとまずかったようです。

201906021444563a9.jpg

クラッチ版は中の繊維が出てきてしまっていて、カプラーにこびり付いていました。このために、ギヤが入らなくなったようです。

20190602144458bde.jpg

エンジンマウントのゴムもくたびれている様子。弾性はまだありますが、これも交換しました。

20190602144455e2a.jpg

ワイパーのステーも塗装が剥げてきたので交換です。塗装が剥げているだけでもみすぼらしいですが、そうなると錆が出やすくなります。

20190602144453d73.jpg

ダッシュボードに設けられた、助手席エアバッグが膨らむ際の切れ目が、経年で避けてしまうのが8の弱点。ここも交換しました。

2019060214445969b.jpg

このほか、経年劣化で液面センサーがだめになる、冷却水タンクも交換しました。

☆ ありがとうデミオ おかえりRX-8

約2ヶ月かかって、ようやくRX-8の修理が終わりました。代車のデミオ君には大変お世話になっちゃった。

201905201219323c8.jpg

デミオは、おそらく、コンパクトカーとしてはとても良い車なのだろうと思います。ただ2ヶ月乗ってみて、近年の小型車の主流が軽自動車に流れているのも分かる気がするのです。このクラスの車幅やホイールベース、重心高では、どう頑張っても満足な走りは得られないでしょうから、ユーティリテイ優先にならざるを得ないのでしょう。ほぼ同じ大きさのE36 318tiの走りがとても気持ちよかったことを考えると、やはり全高が高すぎるんでしょうかね。

☆ アンプ&スピーカーセレクター

以前買っておいた4接点3端子セレクターなどを用いて、アンプ&スピーカーセレクターを作ります。

20190514125311647.jpg

筐体をどうするか迷っていましたが、厚紙で作ることにします。

20190514125313931.jpg

背面にアンプ1、2 スピーカー1、2
のプッシュ端子を配置します。

☆ 庭木の手入れ

そろそろ枝の整理をしないとと思いながら、春を迎えてしまいました。

20190506_074119614.jpg

イメージとしては、地面から柵の高さまでは、遠くを見通せるようにすると広がりが出ると思います。

2019-05-05.jpg

そしてなんと言っても、雑然としていた柵のたもとにたまっていた狩り捨てた芝生の山を片付けた効果が高いです。バケツで何十回も移動したので疲れました。

☆ 襖張替え2枚目

すべてが試行錯誤であった1枚目の反省を踏まえて、2枚目は完璧を目指して作業を進めていました。

201905022103337d5.jpg

皺一つなく張ることができましたが、乾燥で縮む紙の力が強くて、貼った面の方に湾曲しています。反対側を張れば元通りになると思いますが。

20190502210216d2d.jpg

枠を固定するための釘を一度抜いて、側面を平らにしてから紙を貼りましたので、再度くぎを戻すわけですが、錆びているのと、抜けやすくなっているので、大きさの近い皿木ネジを使うことにします。ネジ頭をサンダーで削って、木枠に食い込んでいくようにエッジをナイフのように鋭くしておきます。

2019050221021515c.jpg

左の一枚目はかなり皺が出てしまいましたが、2枚目となった右端の方は、完璧な仕上がりになりました。

☆ 襖張替え1枚目 2日目

木枠をつけるのに一苦労しました。 本体側面から1センチほど飛び出して取り付けられたネジ頭が、枠の木を切りこみながら横にスライドするようになっています。よく考えられています。

20190502212717936.jpg

ネジ頭が錆びて動きが渋くなっているので、サンダーでやすり掛けして、エッジを薄く切り込みやすくしたら、すんなり入りました。
しかし、仕上がりは残念なことに皺がよってしまいました。まあ、1枚組んでみたので、コツはつかみました。2枚目からはきれいに仕上げられるでしょう。

☆ 襖張替え1枚目 1日目

連休中に襖の張替えをしてみることにしました。猫がいるので、爪とぎされてしまうかもしれないので、とりあえず痛みの激しい2枚を張り替えてみます。

201905022102226e5.jpg

枠を外そうとしましたが、構造が分からず、力ずくで外そうとしたらバラバラになってしまいました。襖って、信じられないくらい華奢な構造なんですね。道理で軽いわけです。木工ボンドなどで補修していきます。虫ピンのように細くて小さい釘も使いました。

2019050221022125b.jpg

裏張り紙を、スポンジで濡らしてから貼ります。濡れ具合にあまりムラがあると、皺の元になるそうです。

201905022102189a5.jpg

とっては錆びとヤニで汚らしいので、やすり掛けして金属の地金の色にしました。本来は金色なのでしょうけど、いぶし銀のような渋い感じも良いです。

☆ 1/24 スコープドッグ 肩基部の鎖骨関節用穴開口

実に9か月ぶりのスコープドッグ記事です。

_20190502_213438.jpg

バズーカの照準で作業がストップしていましたが、再びやる気が出てきました。1/35のベルゼルガですら鎖骨関節を仕込むことができたので、1/24のスコープドッグに仕込めないはずがありません。アイディアが浮かびましたので、作業再開することができました。

☆ Victor HA-FXH30 断線修理 2回目

3月に修理したHA-FXH30 ですが、また断線してしまいました。

20190421220541b53.jpg

ステレオミニプラグにはんだ付けして、さらに強固に接着するのはなかなか大変です。

20190421220538665.jpg

そこで、コードの途中で結線することにしました。
かなり丈夫に結合できたと思います。

☆ パソコン画面下にピッタリサイズのダイソースピーカー

アンプレスに改造したダイソースピーカーを、小型デジタルアンプとともにパソコン画面下に設置してみました。

2019-4-15.jpg

スピーカーから音を出せる機会はあまりないと思いますが、スマホにつないで、イン
ターネットラジオでニュースなどを聞くことができます。

☆ ダイソー300円スピーカーのアンプ撤去

 300円とはとても思えない、コストパフォーマンス抜群のダイソースピーカーですが、内臓アンプの質はさすがに良くはありません。

20190415232213ceb.jpg

 そこで、アンプを撤去して、中に吸音用の布を適当に敷き詰めます。

20190415232210ec1.jpg

超軽量ノートパソコンにセットしてみたら、サイズ感も良いし、なかなかいい音です。

☆ 芝刈り機の替刃の自作(2年ぶり)

ずいぶん昔に自作したと思っていたのですが、たったの2年前でした。

2019041321423690e.jpg

鉄のプレートを、グラインダーでカットします。

20190413214235c9f.jpg

初めから真ん中に穴が開いていますが、小さいので、ドリルで広げます。葉を傷めないようにグリスを縫って切削します。

20190413214237151.jpg

2シーズンでここまで減っていたのですね。1シーズンで交換した方がよさそうです。材料費は安いし、加工は30分程度でできるので、また作っておこうと思います。

☆ CMOS電池の交換

2014年に中古で購入した、業務用5年レンタル落ちのパソコン、SSに交換してから、電源が立ち上がらないことが多くなりました。でもそれは、SSDへの交換とは関係がないと思われました。別の要因としか考えられません。

 CMOS用ボタン電池が、一度も交換されてなかったのだとすると、10年近く経過していることが考えられます。

20190331225616f56.jpg

 試しに交換してみたら、普通に立ち上がるようになりました。

☆ Victor HA-FXH30 断線修理

下の子の高校入学と同時に買ってあげたビクターのカナル型イヤフォンHA-FXH30 が、断線してしまいました。

20190317_1.jpg

断線個所は、L字型ステレオミニプラグのL字の角の部分。ラバーをはがしてみたらひびが入っていました。

20190317_2.jpg

はんだ付けからやり直します。LRと共通グラウンドの3本線ですね。配線個所を良く確かめておきます。

20190317_3.jpg

はんだ付けしたら、ショートしないように紙テープなどを巻きつつ、木綿糸でぐるぐるに縛り上げて、パテ埋めししてから、成形します。

20190317_4.jpg

太さの異なる熱収縮チューブで二重にカバーしたら出来上がりです。

☆ 芝焼き2019

 朝のうち穏やかだと思っていたら結構な風が吹いてきました。せっかく思い立ったので、消化の準備を整えてから芝生焼きをしました。

201902191234114e9.jpg

 1月から、何かとせわしい日々が続いていますが、春近しですね。

☆ CPUグリス塗り替え

 メモリーを交換してもパソコンのフリーズがなかなか解消しないので、硬化しているであろうCPUグリスを塗りなおすことにしました。

20190219124341586.jpg

デスクトップ機は、メンテナンスが楽でいいです。カピカピに硬化しているグリスを、ヘラでこそぎ落とし、アルコールウェットティッシュで丁寧に拭き取ります。

20190219124339414.jpg

 ヤフオクで購入した、小さな注射器に入った最少量クラスのシルバーグリスを塗ります。3回くらいは使えそうです。



☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節の軸端封入

二軸ユニバーサルの軸端をプラ板で封入します。塞ぐためのプラ板は、ポンチで丸く切り抜いてあります。

2019012523562923d.jpg

接着剤を塗ってよく抑え込み圧着します。

☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節2軸仕込み

クリアランスぎりぎりで、何とか2軸目の芯を通すことができました。

2019012423040321b.jpg

幸い外装パーツの中に、ほとんど隠れるので、仕上げが多少粗くても問題ありません。

☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節受け部品

股関節は、やはり、二軸のユニバーサルジョイントにします。十分広いスペースがあるはずなのですが、太めの軸にしたため、クリアランスがぎりぎりになりそうです。

201901212307277f2.jpg

☆ NAKAMICHI PA-300Ⅱ 電源スイッチ増設

一個50円のプッシュボタン式スイッチを用いて、電源スイッチを作ります。テスターで接続端子を確認し、押して引っ込んだ時に電源ONにします。万が一にもショートしないように、収縮チューブもかぶせます。

20190120201253bc5.jpg

 ちょうどいい空間があるので、しっかりねじ止めして仕込みます。ねじの位置決めや、傷がつかないような対策を施せばよかったのですが、雑然と工作してしまいました。

20190120201252661.jpg

 まぁ、きちんと動作してくれればそれで良しとしましょう。

☆ FMV-D5270 メモリー交換

 4年半前に中古で購入したデスクトップパソコンFMV-D5270ですが、製造は2008年頃と10年前の製品になります。2015年の8月頃にWindows10に無償アップデートして以降、何かとトラブルがあり、作業中にフリーズしてしまいます。

 一日に2、3回は再起動して、使っていますが、何が原因なのかはよく分かりませんでした。SSDに換装すればよくなるのかと思い、秋葉原で聞いてみたら、メモリがは少なすぎるとのこと。製品仕様を調べてみたら、純正のメモリは PC2-6400 DDR2 SDRAM DIMM CL6 とのことです。ハードオフで、互換性のありそうなジャンクメモリを買ってきました。CFD販売のelixir 2GB DDR2 PC2 6400U 555 と書いてあり、外観もきれいなので、同じものを2枚購入しました。ヤフオク中古品よりは高いですが、1枚524円なので、まぁ仕方ないでしょう。

20190120083339874.jpg

 デスクトップパソコンのメモリを増設したり交換するのは、これで3回目になります。

20190120083341f9e.jpg

交換して無事起動、その後は、一度もフリーズすることなく使えています。こんなことならもっと早くやっておけばよかった。

☆ CDP-S1 トレイベルトの交換

SONY CDP-S1のトレイを駆動させるゴムベルトは、調べてみたら純正品の型番が「4-927-649-01」であることが分かりました。サイズは、1.5ミリ角の直径約37ミリとのこと。

201901172236406fd.jpg

千石電機で、1.6T-35ミリベルトを購入して交換してみたところ、無事、動作するようになりました。交換するまでには、いろんなところのねじを外すことになりますが、それほど難しくはありませんでした。

☆ UVシルバーシート重ね張り

 3年前の秋に作ったパイプ車庫ですが、メーカーの示す耐用年数の通り、約3年で所々破れが生じました。パイプが直に当たらないように、下にブルーシートを挟み込みましたが、どうしても擦れによるダメージが発生します。
 今回、重ね張りしたので、若干耐用年数が伸びるでしょう。

20190115131543d74.jpg

☆  SONY TAE-S1 CDP-S1 メンテナンス

11年前にヤフオクで入手した当初から、CDトレイ引込み後のピックアップがスムーズでなかったCDP-S1ですが、本体を上下に揺らすと読み込むので、ずっとそのように使ってきました。症状からして、ゴムベルトの劣化だと思います。初めて中をあけてみました。

20190113104545c44.jpg

本体カバーを開けた状態ではスムーズに読み込みます。ゴムもやや硬化してるものの、伸びてるようではありません。ただし、テンションは低下してる様子。内部のわずかな埃を清掃し、カバーを戻したら、やはり動きが良くないです。ゴムベルト要交換ですね。

お次は、プリアンプのTAE-S1。スピーカーを交換しても、やはり時々左側が出なくなり、ボリュームを上げると出るので、接触不良のようです。半田クラックでしょうか?

20190113085341d07.jpg

分解してみたら、いろんな入力箇所に半田クラックが見られます。写真は8年前に補修した右側の部分が目立ちますが、左側も念のため再度んだ半田付けしておきます。

元に戻しましたが、やはり音が切れるときがあるので、プリアウトのRCAピンジャックをいじる直ります。やはり、どこか接触不良のようです。

☆ 1/100ARV-A WUG ウグ 股関節

大きいスケールだと、間接を仕込むのも楽ですね。デザインの都合で、いつもの2軸ユニバーサルではなく、1軸間接で済むのも簡単で良いです。その代わり、後で上腿に回転軸を設けます。

20190113084555e3e.jpg

カレンダー


05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1206)
  • オーディオ・ビジュアル(301)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(222)
  • 写真(173)
  • 日曜大工(130)
  • 農と自然(308)
  • 車・バイク(157)
  • プログラミング(14)
  • その他(420)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5