FC2ブログ

☆ ようこそ! ちょっと立ち寄ってみてくださいね。

「おてんとうさまのひかりをいっぱいに吸った、あったかいざぶとんのような人」 ・・・
我が身の弱さとわがままに向き合ったからこそ、相田みつをさんはそう願ったのでしょうね。

多様性を互いに認めるのは言うほど簡単ではないし、物事の本質は一面だけでは見えない。
そんなブログです。さて、「始めようホームシアター」管理人のRX5と申します。

   FI1325550_0E.gif

※ 必見! ホームシアターで特に重要な 「迷光対策」 とは?

ホームシアター以外にも、いくつかのジャンルがあり、模型の記事が一番多くなっています。
模型は徹底的に作り込んでいますので、気長におつきあい頂ければ幸いです。

また、車に興味がある方は、マツダの「ロードスター」をテーマにした連載 「そよ風は何いろ」についても、ぜひ、覗いてみてください。ご来訪の記念にコメント頂ければ幸いです。
    DSC08539_1_1200_900.jpg   DSC07597_3_900_602_1.jpg
  ↑ 最新作ラモー寺院の戦い        (現在はRX-8を所有)

    SPT-ZK-53U ザカール (蒼き流星SPTレイズナー) 2015年 <<製作記>>
   ATH-Q64 ベルゼルガ (装甲騎兵ボトムズ) 2009年 <<製作記>>
   迎撃! 対ドギルム戦!(銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
   ARV-G DOGUILIM (銀河漂流バイファム) 2009年 <<製作記>>
    RGM 79 ジム (機動戦士ガンダム) 2008年 <<製作記>>
    ジム・コマンド (ポケットの中の戦争) 2008年  <<製作記>>
    VF-1S バルキリー (愛おぼえていますか) 2007年 <<製作記>>
    MS-06Fザク (機動戦士ガンダム) 1999年
    FIAT500 1997年
   デュラッヘ (銀河漂流バイファム) 1988年
   ザウエル (機甲界ガリアン) 1987年
  ※ は、月刊誌「モデルグラフィックス」読者投稿掲載

この他、イラスト写真も取り組んでいます。作品についてのご意見・ご質問は、
     掲示板または grandiflorus_rx5□yahoo.co.jp(□←@)までお願いいたします。

☆ 1/24 スコープドッグ ヘッドレスト回転軸受け

ポリランナー軸受けを作ります。

202005252240367ed.jpg

この後、エポキシパテで封入してみます。

☆ 1/24 スコープドッグ シートの座面角度修正

アーマードトルーパーのコクピットは、の全高4m程度の人型兵器の上半身であり、極めて窮屈ではありますが、キットのシートはあまりにも座面角度がせり上がりすぎています。

20200524210332ac7.jpg

そこで、適正と思われる角度に修正します。

2020052421033180d.jpg

首の角度も、シートに座った状態にしては上を向きすぎているので、ディティールアップを兼ねて首のところで一度切断します。

☆ 1/24 スコープドッグ コクピット床板(胴・胸部の隔壁)

操縦席の固定部分であるコクピットの床板を、現物合わせでカットしていきます。

20200519223936548.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ ヘッドレストの可動軸

量産兵器としては、かなりしっかりした作りに見えるスコープドッグのシード。ヘッドレストに見える部分も、パイロットとの位置関係からすると、頭部というよりは、肩当て+ネックサポートというべき部分なのかもしれません。

20200517211816222.jpg

 頭部と干渉しそうになる部分でもあり、また、形状からしても前後に可動しそうな感じなので、軸を設けてみます。裏側もラウンドさせ、かつ穴埋めします。

☆ OVO イチゴケーキ撮影

美味しそうに撮れたでしょうか。

20200518125410356.jpg

2020051812541132f.jpg

2020051812541251c.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ コクピット足元点検ハッチの幅詰め

左右幅を詰める胴部に合わせて、点検ハッチも幅詰めします。

20200512230527132.jpg

軸を切り落とさないように、左右2ミリずつ、計4ミリ幅詰めします。

☆ 1/24 スコープドッグ バイザー薄型化と密着化

スコープドックの半球状の特徴的な頭部は、バイザーをアイマスクのように薄く密着させることで、より球体らしさが出てきます。一方、キットのバイザーは、フェイスガードのような装着感としての主張があり、それはそれで押し出し的な存在感を出します。

2020051017550291d.jpg

どちらもそれぞれの良さがあるとは思いますが、やはり、ぴったり感というか緊張感が出るのは、アイマスクのような状態でしょう。

20200510175454ae5.jpg

そのためにも、回転軸は頭部側面の真ん中近いところに設置する必要があります。

20200510175502580.jpg

頭部と密着させるために、すき間ができないようにすると共に、表面を球体に沿うよう削っていきます。


202005101755021c8.jpg

ここまですき間ができないように、密着させます。


20200510175805e28.jpg


☆ ウッドデッキ・サンルームの補修完了

午前中は、洗車、芝生刈りでほぼ終わってしまったので、実質午後からの作業。
なんとか日没前に、作業を終えました。

20200509185108a70.jpg

木製のサンルームは、かなり腐食が進んでいますが、補修して塗装したので、定期的にメンテナンスしていけば、まだまだ持つでしょう。それにしても疲れたー

☆ 1/24 スコープドッグ バイザーの加工

キットでは妙に大ぶりなバイザー。原因の一つが、回転軸が頭の後ろの方にあること。

202005061942476bb.jpg

軸を真横近くまで前方にずらすと共に、バイザーをできるだけ頭部に密着するように加工します。ドーム状の頭部に、できるだけ張り付くような感じで薄くできれば、本来のスコープドックらしさが出てきます。

☆ ウッドデッキの補修

前回補修したのは、おそらく9年前だったと思います。

20200506194248473.jpg

見るも無残にボロボロ。去年の春、家の定期点検で、シロアリ対策のためにも、地面に直接木材が触れているのは良くないといわれていたし、メンテナンスすることにしました。

20200506194249401.jpg

本来は、耐久性のあるレッドシダーや、防腐処理をしたSPFが良いのですが、高価なのと丁度いいサイズがなかったので、どうしても取り換えなければならないところだけ、無処理のSPFを購入。しっかり防腐塗装をすれば、それなりに持つでしょう。

雨が降ってきてしまったので、全ての作業はできませんでした。続きは、次の休日に。(5月5日のお昼頃~5月6日に作業)

☆ 1/24 スコープドッグ 首回転部分の設置

ドーム状の頭部については、完全な円形であるため回転させること自体は楽なのですが、できるだけ、内壁の連続性に影響が出ないように軸を設けるかが難しいところです。

2020050421095636b.jpg

引っ掛けシーリング状に作製していきます。

☆ 1/24 スコープドッグ 機構内部色(ガンメタル)塗装

ようやく腕部の機構内の塗装をすることができました。

20200504124601822.jpg

表面処理に注意してもどうしてもヤスリ掛け跡が残ってしまったりして、塗装面から再度ヤスリ掛けして、何回か重ね塗りしていきます。

☆ ロフトベッド床板裏生地の張りなおし。

中国製のロフトベッドですが、使っている材料品質が悪いのでしょう。十数年くらいで加水分解してしまったのか、粉状に分解し、亀裂が入っています。

20200504125035386.jpg

まずは裏地をきれいに取り除きます。

20200504125034d17.jpg

普段は見えない部分ですが、ベッド下が机になっているため、見上げると木桟が丸見えです。

20200504125033e5e.jpg

ちょうどいいサイズのテーブルクロスが売っていたので、側面までカバーして張り込みます。

20200504125039c9a.jpg

裏地の方が立派な感じになりましたが、布団を乗せると、ピンクの上面は見えなくなるのでまあ良しとしましょう。

202005041250372d0.jpg

ロフトベッド下は、部屋の中の小部屋といった感じですが、この小部屋の天井として見てもいい感じになりました。

☆ 1/24 スコープドッグ 手首隙間隠しの伸縮シリンダー

バズーカを構える右手の手首は、かなりの角度がつくことになります。

20200426103102656.jpg

そうなると、どうしても手首関節にすき間ができて接合部が不自然になります。そこで、アームパンチを繰り出したときにスカスカになる下腕中心部の構造材を兼ねて、伸縮シリンダーを設置します。太さと長さ、手首関節カバーの切り欠き角度など、追い込んでいくのに時間がかかってしまいました。

☆ 1/24 スコープドッグ 左右手首関節

もう一方の手首関節も作りました。

202004212231173f3.jpg

 さて、極小サイズに抑えられたのは良いけど、手首の接合部が細く見えないよう、どのようにカバーを作りましょうか。

☆ 1/24 スコープドッグ 左右握りこぶしチェック

左手は、伸ばした人差し指とのコンバーチブル。右手は、固定の握りこぶしです。

2020041920112446a.jpg

ポーズが大きく違わないよう、左右対称の具合をチェックしながら切削していきます。

☆ 1/24 スコープドッグ 指さし左手首の各パーツ接着

各パーツのプロポーションがほぼ固まったので、でぃていーるの調整前に、組み上げます。

20200418221528920.jpg

でも、握りこぶしとのコンバーチブルにするため、人差し指は、脱着式です。

☆ 1/100 トランファム ガングリップ分離と握り手分解

銃の握りをしっかりさせるためには、銃のグリップを上下差し込み式にする必要があります。

20200412162356999.jpg

 さらには、引き金を引く人差し指も、根元から分離し、差し込みパーツ化します。

☆ マンション大改装! 完結編

JCOMさんが、セットトップボックスとWifiの工事に来る前に、ロフトベッドとベッド下照明、FUNIのブルーレイレコーダー&43インチ4KTVの設置を済ませることができました。

20200401221242356.jpg

それにしてもJCOMすごいですね。例えインターネット契約しなくても、4Kを含めた55チャンネルが無料でした(マンション自体が加入してるので)。Wifiは、夕方でも下り130MBPSでます。8日目ぎりぎりで解約したソフトバンクエアーは、昼間は90MBPS出ましたが、夕方は5MBPS程度でしかもかなり不安定でした。

20200401223022837.jpg

ロフトベッドの幅が97.5センチ、テレビ幅がほぼ同サイズ。ワイヤーメッシュに固定して、すっきりインストールできました。

☆ マンション大改装!

連結タイプのタイルカーペットを敷き詰めていきます。

20200401221241c14.jpg

 こういうほんのわずかな段差も採寸してカットし、きっちり施工すると仕上がりが一段と良くなります。

20200401221713e3b.jpg

柱周りも慎重に採寸してカットし、すき間なく施工します。

2020040122124518f.jpg

収納がほとんどないユニットパスも、壁面を傷つけることなく、棚を増設していきます。タイバンド(インシュロック)とS字フックが固定の肝ですね。

2020040122124475f.jpg


☆ 大学生協手続き・マンション内見

 妹のためにお姉ちゃんも付き添ってくれて、大学生協へ。正門前で記念撮影です。敷地が広い!

2020040121483.jpg

20200401220151403.jpg

内見後、無事契約できました。ワンルームですが、住みやすいように大改装することにします。

☆ 1/24 スコープドッグ 極小手首関節

ポリランナーとゼムクリップを使った、極小の1軸関節です。袖側とこぶし側の両側で差し込み軸回転しますので、傾き軸としては1軸方向のみでも360度の自在接手となります。

20200301153526e24.jpg

 この大きさなら、35分の1のATでも使えそうです。後はいかに、可動範囲の確保とすき間無しの両立をするかですね。

☆KZ ZSN PRO

 ハードオフでたまたま見つけました。バランスドアーマチュア1機+ダイナミックドライバーのハイブリッドタイプ中華イヤフォンです。
調べてみたら、アマゾンでの新品の価格が2,450円、評価も結構良いようです。ハードオフの中古美品の価格として、新品の約2/3というのは、まあ妥当なところでしょうか。発売時期からして使い込まれてないと思われるので、開封できないながらも、思い切って購入。

202003011535247bb.jpg

20200301154102772.jpg

 デザイン的にも、作り込み的にも、とても低価格製品には見えません。バランスドアーマチュアの音、特にシングル機については、SONY製品などを試聴して、おおよその傾向は知っていたので、ハイブリッド機ということもあり、なんとなく想像はしていました。

 レビューブログ通り、音質については、やや独特の個性はありますが、かなりまとまっている方だと思います。刺さるというほどではないが中高音寄りで、カセットテープでいえばヒスノイズの帯域がはっきり聞こえる感じ。とはいえ、特定の帯域が抜け落ちている感じでもありません。艶っぽい感じはあまり無くてクールでやや乾いた音。低音は量感はやや弱めながら、耳穴への装着がしっかりしていれば必要にして十分。解像度(解像感)は、なかなか良好です。音場は広いですね。弱ドンシャリで、デザインから受けるような派手な音ではありません。そういう意味では、音決めはかなり真面目かなと思います。

 ダイレクトドライブはもちろん、バランスドアーマチュアであっても、絶対的リファレンスのSTAXを超えることは決してありませんが、シュア掛け式のケーブルと相まって、なかなかの装着感と遮音性もあり、もしかすると、これから一番使用頻度が高くなりそうな予感がします。

☆ ダイソー300円マウスの修理

ダイソーの300円ワイヤレスマウスが故障してしまいました。ホイールの軸が折れてしまったのです。極小の釘(虫ピン)を芯として入れてがっちり固定し、補修しました。

20200301153523c76.jpg

 今まで知らなかったのですが、このダイソーのマウスには、カーソルの反応速度を3段階に切り替えられるCPIボタンが、ホイールの手前についています。300円にしては、なかなかよくできていますね。

☆ 1/24 スコープドッグ 肘間接の試し塗装

 油圧関係のステンレス部品をイメージして銀塗装しようかと思ったのですが、手元に調合済みの黒鉄色があったので、塗ってみました。

20200224072720718.jpg
 表面処理が甘かったので、研ぎ出ししてから再度重ね塗りしないとだめですね。

☆ 1/24 スコープドッグ 肘間接サフェーサー吹き

 サフェーサーを吹ける程度には表面が整ってきました。

2020021616133466d.jpg
 精密感が出すに、パーツの精度をできるだけ確保したいと思います。

☆ 1/24 スコープドッグ 肘間接3ピース構造

 ツイスト軸も設置して、3ピース構造が出来上がってきました。

20200216161333823.jpg

☆ 1/24 スコープドッグ 肘間接ツイスト軸接合面は真円

ひねる部分の接合面は、真円で作ろうと思います。

20200211214024f5d.jpg

軸はなるべく太いポリランナーを使い、取り付け基部は回転しないようするよう、断面を四角にして差し込みます。

☆ 1/24 スコープドッグ 肘間接の上腕部側に固定するパーツ

 前回と大して違わないように見えますが、分離したパーツの強度を確保していきます。それと同時に、上腕部側に固定するパーツも作りました。

2020020221243589e.jpg

カレンダー


04月 | 2020年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別 降順 昇順 年別


最新コメント

カテゴリ

  • 模型等創作(1269)
  • オーディオ・ビジュアル(311)
  • 映画・音楽評(420)
  • 書籍紹介(225)
  • 写真(176)
  • 日曜大工(133)
  • 農と自然(312)
  • 車・バイク(162)
  • プログラミング(14)
  • その他(428)
  • 未分類(0)

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

プロフィール

RX5

Author:RX5
「いつかは・・・」が口癖になっていませんか? その「いつか」は、なかなか来ないものです。まずは、一歩を踏み出しましょう!

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

カウンター

Copyright © RX5